WORKS

taswood VI

タスウッド

taswood 2018


万代埠頭の倉庫群の一角に Ny Chair などの名品を取り揃える牛島家具の姉妹店『taswood』が誕生。こちらの店舗のVI一式を担当しました。
社名の taswood(タスウッド)は、「家具を加えることで日常に彩りや豊かさを生み出す」というメッセージを盛り込んだ タス(足す)+ウッド(木)という造語。タス(tas)=日常に一つ、新しいエッセンスを加えることで生まれる、彩りや豊かさを提供するお店であること。ウッド(wood)=木工製品を中心に扱う店舗であることと、歴史のある家具店の誇りを継承すること。これらをメッセージとして表しています。

またオーナーは、この店を単なる家具店ではなく、MADE IN TOKUSHIMAの発信の場であったり、地場産業の活性化のためにクリエイターたちの創作発表の場にしたい。という想いがあり、このことを「次世代へ繋げる。継承する。人から人へ。手から手へ。想いを紡ぐ。想いを繋ぐ。」というもうひとつのメッセージとして社名の中に組み込みました。

社名の『taswood』を分解すると、タス+ウッド → 足す+木 → 足す木 → タスキ → 襷 のメッセージが浮かび上がります。このメッセージはブランド・ステートメント “ To the future with furniture ” にも表されています。

ロゴマークは万代埠頭倉庫の家具店であることを、
○ 万代埠頭の波=WAVE
○ アクアチッタパークから吹き抜ける風=WIND 
○ 木工製品を取り扱う家具のお店=WOOD
という3つの “W” を倉庫群のシルエットに見立ててシンボライズしました。



Art Direction: Koji Ohhigashi
Architect: Uchino architects
Design: Koji Ohhigashi
Photo: Naoki Isoda



ページトップへ